Kiyoshi-木吉

红色的。江湖再见👋

非常喜欢这首!!


作曲 : 長瀬弘樹
作词 : 長瀬弘樹
閉(し)まったシャッタ(しゃった)ーにもたれて
靠着关上的卷帘门
僕(ぼく)らはとりあえず始発(しはつ)を待(ま)った
我们暂且等着始发
しゃがんだ足元(あしもと)の砂(すな)がざらついた
变成砂岩的脚上沾满了砂砾
とりとめのない話(はなし)に笑(わら)い飽(あ)きて
对没有重点的话 笑到厌烦

ふと街(まち)を眺(なが)めてみたけど
放眼望向街道
肝心(かんじん)なものだけが いつもぼんやりして見えない
关键的东西却 总是发呆错过
明日(あした)のことなんて
明天的事情
うまくやれるよって口(くち)に出(だ)すだけで
只是嘴上说会好的
何(なに)かが変(かわ)るなんて
就能发生改变什么的
そんなはずないんだ
没有这种可能
僕(ぼく)らだってやれるよって
我们也能做到的
そう チュ(ちゅ)ーニング(にんぐ)の合(あ)わないギタ(ぎた)ーみたいに 是
像是调音错误的吉他
調子(ちょうし)はずれでいいさ 行(ゆ)くんだ
偏离轨道也没关系 前进吧
答(こた)えなんてどこにだって
答案 在某些地方
何通(なんとお)りもきっとあるはずだから
肯定有很多种
それぞれに手探(てさぐ)りでもいい 生(い)きて行(い)けばいいんだ
一点一点的去寻找就行 活下去就好
街は次第(しだい)に白(しら)んでく
街道接连着发白
洗(あら)いざらしたみたいな色(いろ)になる
变成洗褪的颜色
少(すこ)しずつリンカク(りんかく)を取(と)り戻(もど)していく
一点点的显现出轮廓
足早(あしばや)に急(いそ)ぐ早起(はやお)きの人(ひと)をみると
看着早早起来快步走着的人
なんかやましくなって
总觉得哪里不对
隙間埋(すきまう)めるように妙(みょう)に口数(くちかず)が増(ふ)えた
像是为了填补空隙 莫名的会话增加了
やりたいことなんて
想做的事情
いつか見(み)つかるよって
总会找到的
焦(あせ)ってないフリ(ふり)で言(い)った
装做不着急这么说道
言葉(ことば)に背中押(せなかお)された
被这话语鼓励
僕(ぼく)らだって飛(と)べるよって
我们也可以飞
手(て)を伸(の)ばした青(あお)すぎるあの空(そら)へと
伸出手向着那片 蓝过头的天空
届(とど)かなくてもいいさ 行(ゆ)くんだ
到达不了也没关系 走吧
痛(いた)みなんて涙(なみだ)だってきっと僕(ぼく)らが生(い)きてる証(あかし)だから
痛苦或眼泪也好 一定都是我们活着的证据
何度(なんど)でも迷(まよ)ったっていい 生(い)きて行(い)けばいいんだ
不管迷茫多少次 活下去就好
明日(あした)のことなんて
明天的事情
うまくやれるよって口(くち)に出(だ)すだけで
只是嘴上说会好的
何(なに)かが変(かわ)るなんて
就能发生改变什么的
そんなはずないんだ
没有这种可能
僕(ぼく)らだってやれるよって
我们也能做到
そう チュ(ちゅ)ーニング(にんぐ)の合(あ)わないギタ(ぎた)ーみたいに 是
像调音错误的吉他
調子(ちょうし)はずれでいいさ 行(ゆ)くんだ
偏离轨道也没关系 前进吧
答(こた)えなんてどこにだって
答案 会在某些地方
何通(なんとお)りもきっとあるはずだから\
肯定有很多种
それぞれに手探(てさぐ)りでもいい 生(い)きて行(い)けばいいんだ
一点一点去寻找就好 活下去就好
手探(てさぐ)りでもいい 生(い)きて行(い)けばいいんだ
去寻找就行 活下去就好


评论

© Kiyoshi-木吉 | Powered by LOFTER