Kiyoshi-木吉

红色的。不要关注我谢谢!!!

风が风であるように  俺が俺であるために

宇宙に行ったライオン
サーカス団のテントの隅ライオンが 
百獣の王の槛を壊した

调教师、ピエロから逃げ
ライオンは世界を见たいと
草原走り出した

远くへ…
风が风であるように 
俺が俺であるために

初めて见えた世界に 
自分を重ね合わせんだ

何も出来ない事以上に 
何も知らない事を知った

俺はこんなもんじゃねーと 
涙を堪え叫んだ ガオー!!

排気ガスが烟る街で
ライオンは一人ぼっちの少年と出会った

それならいっしょに旅しようと少年を 背中に乗せ アスファルト进んだ

远くへ…

风が风であるように 
俺が俺であるために

初めて得た仲间に 
曝け出して応えたいんだ

気付けば元のサーカス団 
地球を1周した

世界ってこんなもんか 
涙流して叫んだ ガオー!!

もっと远くが远くがあるよと 
少年は宇宙指す

もっと远くへ远くへ行けるよ 
云の果て 胸の奥 远くへ!!

风が风であるように 
俺が俺であるために

初めて见えた世界に 
自分を重ね合わせんだ

强きブライドの为 
ブライドを舍てる时

俺はこんなもんじゃねーと 
震える血が滚るんだ

限界なんか壊して、远くへ 
限界なんか壊して、远くへ

限界なんか壊して、远くへ 
金の鬣揺らして ガオー!!

评论

© Kiyoshi-木吉 | Powered by LOFTER